行き先のない旅
行き先のない旅(15)

「神」で揺れるヨーロッパ

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2004年7月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 ヨーロッパのキリスト教徒にとって、はるか遠くエルサレムにあるキリスト磔刑の地や墓は、「世界の中心」と呼ばれる聖蹟である。十字軍がエルサレムを治めた前も後も、この地を訪れる巡礼は絶えることがなかった。歴史の中でキリスト教は、さまざまな宗派に分かれていくが、どの宗派にとってもこの聖地は、何としても占有したい場所であったらしい。この地に建立された「聖墳墓教会」内部には、それぞれの宗派が祭壇をたて、占有面積を一平方センチでも多くしようと、キリスト教各派は激しく争うようになっていく。十一世紀にギリシア正教会とローマ・カトリックがお互いを異端とするようになると、聖墳墓教会の一つ屋根の下にいる両派の僧同士の争いは激化し、イスラム教徒に仲裁してもらうことがしばしばとなった。 ドイツにいた折に、建築史の教授の手伝いで、聖墳墓教会をめぐる史料の分析に携わったことがあるが、ケンカの仲裁に入ったイスラム教徒の記録の中で、「彼ら(キリスト教徒)は、宗教がからむと、どうしてあのように争うのだろう。自分たちには考えられない」と驚いている記述があった。 最近、ヨーロッパ人が、全く同じ科白をイスラム教徒に対して言うのを耳にするので、ちょっと可笑しい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順