饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(78)

ダブリンで祝った東方拡大

西川恵
執筆者:西川恵 2004年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 欧州連合(EU)は五月一日、東欧など十カ国を新規メンバーに加え二十五カ国体制となった。旧社会主義国を包含したこの拡大で、戦後の欧州統合の歩みは新たな段階に到達したのである。 一日、EU議長国のアイルランドの首都ダブリンで拡大記念式典が催された。議長国のめぐり合わせとはいえ、EUの東方拡大を祝うのに欧州の西の果てアイルランドが主催国となったのも面白い。 式典会場は市の西方にあるフィーニックス・パーク。欧州で一、二を争う七百十二ヘクタールもの広大な公園である。午後五時半、ポーランド、ハンガリー、チェコなど新規加盟国を含むEU二十五カ国の首脳が屋外の特設舞台に居並ぶ中を、軍楽隊のラッパを合図にアイルランドのマカリース大統領とアハーン首相が入場した。 新しいメンバー国を祝福する両首脳のスピーチに続いて、一九九五年にノーベル文学賞を受賞した詩人のシェイマス・ヒーニーがこの日のために作った詩「ベルタナ祭の烽火」を朗読した。「ベルタナ」とはアイルランド語でメーデーの意。昔から「火祭の日」として知られる祝祭日で、二重の意味で祝福すべき日となったのである。 ギリシア人はよそ者のことをバルバロイと呼んだ……

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順