エネルギー・電力不足の行方を左右する「政治」

執筆者:関根栄一 2004年8月号
エリア: 中国・台湾

第十次五カ年計画策定の際に成長率を低く見積もりすぎたことが、現在のエネルギー・電力不足の背景にある。政府は軌道修正に懸命だ。それでも、行政が強い権限を持つ中国で「失政のリスク」は消え去らない。[北京発]中国のエネルギー産業が巨額の資金調達に乗りだしている。その背景にあるのは、「走出去(海外進出)」戦略の急進展だ。 中国政府は環境負荷の大きい石炭への依存度を低め、よりクリーンなエネルギーである天然ガスへのシフトを進めている。今年三月に上海で開かれた第八回北東アジア・天然ガスパイプライン国際会議には、国家発展改革委員会能源局の白栄春局長が参加し、「立足国内、利用海外、西気東輸、北気南下、海気登陸、就近供給」という方針を披露した。「国内に足場を置き、海外を利用し、西の天然ガスを東に運び、北の天然ガスを南に運び、海上の天然ガスを陸地に揚げ、近場に供給する」ということだ。 エネルギー政策という国家の機密事項を扱う能源局トップがこのような国際会議に出席することは珍しく、中国の天然ガス戦略に対する並々ならぬ意気込みが感じられる。問題は海外での開発や海外からの輸送が不可欠な天然ガスプロジェクトに巨額の資金がかかること。リスクコントロールの難しさからも、国家的な支援が求められる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順