インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

イスラエルとイラン“勝ち組”のつばぜり合いが始まった

春名幹男
執筆者:春名幹男 2004年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 実は、イラク戦争には影の主役がいた。イスラエルとイランである。いずれも、サダム・フセイン元大統領の仇敵であり、旧フセイン政権の崩壊でそれぞれの国益が満たされた形なのだ。 だが、激しい戦火の陰で、イスラエルとイランが、それぞれの思惑を込めて秘密工作を行なってきたことはあまり知られていない。 七月三日、あのアブグレイブ合同尋問聴取センター(JIDC)での虐待・拷問事件で懲戒処分を受けた米軍のジャニス・カーピンスキ准将が英BBCラジオ4のトゥデーという番組に登場し、驚くべき事実を明らかにした。 准将が昨年、別の将官とイラク国内の情報センターを訪問した時、それまでに見たことのない人物がいたので、「ここで何をしているのか」と尋ねたところ、彼は「尋問に当たっている。私はアラビア語を話すが、アラブ人ではない。イスラエルから来た」と言ったというのだ。 米軍兵士が行なったあのおぞましい虐待の写真を見て、イスラエル治安機関に拘留された経験のあるパレスチナ人たちは驚かなかったという。自分たちも同じ虐待を受けていたからだ。だから、この事件でもイスラエル専門家が関与したとのうわさは多々あったが、初めて米軍当局者の口からその事実が確認されたのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順