【月】ヒトラー『我が闘争』、専門家2本

執筆者:フォーサイト編集部 2015年4月27日

本日の更新記事は、佐瀬昌盛さんの「ヒトラー『我が闘争』解禁問題を再論する」です。今月30日で没後70年を迎えるヒトラー。その著書『我が闘争』の著作権が今年末で切れるため、自由に再出版しようという動きが。これで研究が進む可能性の一方で、各方面に波紋も広がっています。

 

「専門家の部屋」では、「アメリカ」と「ヨーロッパ」に2本の新エントリ。

まず「アメリカ」は、「クリントン『選挙キャンペーン』を支える『側近中の側近』人事」(足立正彦さん):いよいよ選挙キャンペーンを始動させたヒラリー前国務長官。政策の柱を構築するであろう「上級政策顧問」ら側近の顔ぶれから彼女の方針が読み取れそうです。

そして「ヨーロッパ」は、「フランス国民戦線『父娘戦争』(上)『高級』か『カジュアル』か」(国末憲人さん):フランス版「家具屋姫」騒動とでもいうべき右翼政党の内紛。背景には、創設時にまでさかのぼる複雑な路線対立があるようです。まずは前編。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順