【月】国際論壇、遊民経済学、個人投資家

執筆者:フォーサイト編集部 2015年6月1日

先週末、2本の記事をアップロードしています。

まず、会田弘継さんの好評連載「国際論壇レビュー 南シナ海『新常態』:『緊迫』の裏にある微妙な国際関係」。南シナ海を巡って米中関係が緊張してきました。さらに米豪関係、中露関係なども複雑に絡み合い、もちろん日本も無関係ではいられない緊迫した状態です。

そしてもう1本、吉崎達彦さんの好評連載『遊民経済学』への招待(5)鉄道が変われば観光が変わる」。日本が本気で「観光立国」を目指すなら、JRは食堂車の復活を真面目に考えるべき。さらに、自ら「鉄オタ」に徹することによって新たな市場を開拓したJR九州の企業家精神がすごい。

 

そして本日の更新記事は、磯山友幸さんの「絶好調『日本株』の行方を握る『個人投資家』の行動心理」です。バブル期の時価総額を上回るほど好調な株式市場。背景には新制度「コーポレートガバナンス・コード」がありますが、肝心の個人投資家は今後どう動いていくのか分析しました。

 

また、「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「クリントン氏に挑む『無所属上院議員』」の新エントリ。乱立気味の共和党に比べ、民主党はヒラリー女史1人でしたが、ここにきて2人目が登場。日本での知名度は弱いものの、米議会通ではツトに知られた議員の出馬の狙いとは?

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順