日米抜き「鉄鋼生産世界2位」になるインド

 主要製鉄所の増産投資が相次いでいるインドの鉄鋼産業が、2016年中にも年産1億トンを超え、日本や米国を抜いて世界第2位に躍り出る可能性が出てきた。

 市場調査大手の米フロスト・アンド・サリバン(F&S)のレポートによると、インドの粗鋼生産能力は2015年度に1億1250万トンに達し、生産量も2016年末までに年産1億4000万トンに拡張される見通しだ。これが達成されると、インドは中国に次ぐ世界ナンバー2の鉄鋼大国となる。

 世界鉄鋼協会(WSA)の統計によると、2014年暦年のインドの粗鋼生産量は約8650万トンで、韓国やロシア、ドイツなどを抑えて世界第4位。過去5年間で36%も増加した。3位の米国(同8820万トン)を抜き去るのは時間の問題とみられ、同1億1070万トンで第2位となった日本の背中がいよいよ見えてきた。

 

計画ベースでは3億トンも間近

 インド政府は、2025年までに粗鋼生産量3億トンを達成するというかなり野心的な目標を掲げている。モディ首相自らも今年1月の講演で「20年以内に鉄鋼生産が中国を抜くようにがんばろう」などと関係者にハッパをかけた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順