テロリストの誕生(10)「チーム・クリバリ」の顔ぶれ

国末憲人
執筆者:国末憲人 2015年6月26日
エリア: ヨーロッパ 中東
クリバリが立てこもり事件を起こしたユダヤ人スーパー(筆者撮影)

 

 大多数の受刑者は、刑期を終えると自らの罪を悔い改め、真っ当な人生を歩もうとする。その意味で、出所後の便りがないのは、基本的にいい知らせだ。アメディ・クリバリの場合も、2014年3月にヴィルパント刑務所を出所し、5月15日に居どころを明らかにする発信器付きブレスレットを外されて以降、消息がぱったりと途絶えた。それはごく普通のことだと当局に見なされ、彼のことは忘れられた。

 以後、クリバリが表舞台に登場するのは、今年1月に風刺週刊紙『シャルリー・エブド』編集部襲撃事件が起きて後のことである。それまでの8カ月近くの間、彼は極力目立たぬよう振る舞った。盗みや強盗を繰り返し、はたまた刑務所の不正を告発したり若手労働者の代表として大統領府に招かれたりと、何かとお騒がせ人生だった彼にとって、珍しくおとなしい時期だった。

 しかし、その陰でクリバリは着々と準備を進めていた。刑務所内で培った人脈に、故郷のかつての犯罪仲間たちを合わせてチームを結成し、武器の調達に奔走したのである。クリバリは、自ら引き起こす警察官射殺事件とユダヤ人スーパー立てこもり事件だけでなく、クアシ兄弟が実行した『シャルリー・エブド』編集部襲撃事件のお膳立ても担ったと考えられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順