【木】ギリシャとロシア、金平日

執筆者:フォーサイト編集部 2015年7月30日

昨日午後、平井久志さんの「よろめく『金正恩路線』(下)幹部の世代交代『5年以内』に」をアップロードしました。金日成主席の息子である金平日チェコ大使を他の大使と同列に扱った金正恩第1書記。自己顕示欲なのか我執なのか。
本日の更新記事は、春名幹男さんの「インテリジェンス・ナウ 対ギリシャ『情報工作』を強化するロシアの狙い」です。ギリシャの与党は多数の旧共産党員を抱える急進左派連合。ウクライナの軍隊や警察にロシアの影響力が浸透し情報が筒抜けだったように、ギリシャも同様の懸念を抱えています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順