中国「第2の建軍」(下)胡錦濤が受けた「屈辱」の教訓

執筆者:藤田洋毅 2015年8月20日
エリア: 中国・台湾

 一方、大軍区の再編は、極めて大雑把に、現在の瀋陽軍区と北京軍区の大半・蘭州軍区の一部及び済南軍区の北側が北方戦区、済南軍区の残りと南京軍区が東方戦区、広州軍区と成都軍区の一部が南方戦区、残る蘭州軍区と成都軍区が西方戦区の基礎となる。大軍区はこれまで省・自治区・直轄市という行政区画をベースに区割りしていたが、山脈や砂漠、大型河川など自然環境や道路鉄道航空路など社会基盤に基づき純軍事的な条件のみを考慮して線引きし直すのだ。叩き台には「何度も練り直した末、ようやく引いた4戦区すべての境界を詳細に網羅した地図も添付してある」という。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順