【木】イラン核合意、取調べ可視化

執筆者:フォーサイト編集部 2015年9月3日

昨日午後、鈴木一人さんの「『イラン核合意』の行方(上)精緻に設計された『枷』」をアップロードしました。7月14日のイラン核合意の直前まで、国連安保理決議に基づいて設置された専門家パネルの一員として、この問題に関わってきた鈴木一人・北海道大学大学院教授が分かりやすく解説します
本日の更新記事は、原英史さんの「『取調べ可視化』へ向けた国会の動きを見逃すな」です。今国会で審議されているのは安保法制だけではありません。冤罪の温床と指摘されてきた捜査当局の取調べの状況を改善するために進められてきた「取調べ可視化」問題。実現へ向けて大きく動いています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順