テロリストの誕生(19)地下室の「絶望」と「希望」

国末憲人
執筆者:国末憲人 2015年9月4日

 アメディ・クリバリによるユダヤ教徒向けスーパー「イペール・カシェール」立てこもり事件について、『リベラシオン』紙は今年6月、何が実際に起きたかを検証する特集を掲載した。スーパーの地下室に逃げ込んだ客のうち4人に呼びかけて集まってもらい、当時の状況を一部仮名のルポとして再現したのである。そこには、クリバリの高揚ぶりや人質たちの揺れ動く心理が、浮き彫りにされている。

 

顔に銃口を定めて……

 地下室に逃げた客のうち、配管業を営むヨアン(38)は、比較的楽観的だった。「強盗なら、どうせ5分もすると取るものを取っていなくなる」と考えていた。主婦のサンドラ(42)は逆に『シャルリー・エブド』襲撃事件のことを思い浮かべ、同じことが自らの身に降りかかると覚悟した。「このスーパーに押し入ってきた男も、早速人を殺してしまった。私たちもみんな、死ぬことになる」

 螺旋階段を降りてくる足音を聞いて、階下の客たちは震え上がった。それがてっきりクリバリだと思った。「静かに」。みんな口に手を当てて、沈黙した。

「上に上がってきて!」

 聞こえたのは、叫ぶような女性の声だった。みんな反応せず、身動きしないでいた。女性の声はさらに続けた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順