データで読む「チャイナ・ショック」と東京市場:GPIFの動きは?

磯山友幸
執筆者:磯山友幸 2015年9月8日
エリア: 日本

 株価の動揺が収まらない。9月4日の日経平均株価は390円安の1万7792円と、再び1万8000円を割り込んで引けた。中国・上海株の下落が世界の株式市場を揺さぶり、日本株もその波をもろにかぶった格好だ。今年の大発会の終値が1万7408円だったから、6月24日につけた2万952円の年初来高値までの上げがほぼすべて吹き飛んだ。市場では昨年来、日本株はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の資金で買い支えられてきたという声が根強い。では、今後もGPIFが日本株を買い支え続けることはできるのか。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)、『「理」と「情」の狭間――大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP社)などがある。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top