トランプ氏に蹴散らされた「保守派ウォーカー氏」撤退

足立正彦
執筆者:足立正彦 2015年9月25日
カテゴリ: 国際 政治 社会
エリア: 北米

 共和党大統領候補同士による第2回討論会が9月16日、カリフォルニア州シミヴァレーにあるロナルド・レーガン大統領記念図書館で開催され、政策議論は益々本格化してきている。そうした最中の9月11日、前回2012年に続き2度目の挑戦をしていたリック・ペリー前テキサス州知事が、支持率の低迷と政治資金集めの不調により、指名獲得争いからの撤退を余儀なくされた。さらに第2回討論会開催から5日後の9月21日には、ウィスコンシン州のスコット・ウォーカー知事も撤退を明らかにし、これで共和党候補者は当初の17人から15人となった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦 米州住友商事ワシントン事務所 シニアアナリスト。1965年生まれ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より、住友商事グローバルリサーチにて、シニアアナリストとして米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当し、17年10月から現職。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top