世紀の大事業「クラ地峡運河」をめぐる「中国・タイ」の思惑

樋泉克夫

 10月15、16両日に北京で開催されたASEAN・中国国防相会議出席のための訪中を前にした10月7日、タイのプラウィット副首相兼国防相(陸軍大将)は「中国側メディアが盛んに報じているクラ地峡運河建設に関し、中国側と正式調印することはない。この報道は根拠のないものだ」と語った。

 クラ地峡はタイとマレーシアとミャンマーが連なるマレー半島中央部に位置し、最も狭い部分は44キロ、最高地点は75メートル。ここに運河を建設し、西のアンダマン海と東のシャム湾を繋げば、マラッカ海峡を経由しなくてもヨーロッパ、中東、インドと太平洋を直接結びつけることができるという大構想だ。マラッカ・ジレンマも海賊問題も一挙に解決されることになるだろうし、そのうえ航路が大幅に短縮されるから輸送コストの大幅減も期待でき、いわば“一挙三得”といったところか。

 

「中タイ調印」と報じた中国機関紙

 クラ地峡を開削し運河を建設しようという構想は早くも17世紀後半には計画が持ち上がり、18世紀末にはアンダマン海側の防衛の便宜から当時のシャム国王ラーマ1世周辺が提案したが、最終的には実現には至らなかった。19世紀に入りイギリスの東インド会社が探査したものの、否定的な結果がもたらされたようだ。19世紀末にはスエズ運河を建設したレセップスも乗り出している。だが、国際中継港としてのシンガポールの優位性確保を目的に、イギリス植民地当局とシャム王室は運河の開削を許可しないことで合意している。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順