【金】北朝鮮の粛清疲れ、逆張りの思考

執筆者:フォーサイト編集部 2015年10月23日

昨日、成毛眞さんの「逆張りの思考 記憶に残る豪華なパーティの意味」をアップロードしました。税務当局が、社長交代のようなパーティ費用を企業ブランド維持向上のための繰延資産と認め、数年間で償却することを認めるだけでも、派手なパーティを企画する企業が増えて、日本経済にプラスとなるかもしれません。
「専門家の部屋」では、「朝鮮半島」に「北朝鮮『党創建70周年』(下)『粛清疲れ』?人事は『安定性』を志向か」(平井久志さん)の新エントリ。韓国の国家情報院の報告によれば、金正恩第1書記は最近、周辺に「父(金正日総書記)が亡くなる前に、指導者の生活がどれほど大変なものか(そのうち)分かるだろうと私に話したが、今になって父の語ったことが理解できる」と語りました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順