ミャンマー新政権の「課題」と「挑戦」

宮本雄二
執筆者:宮本雄二 2016年1月3日

 私が大使を務めていた2000年代前半、ミャンマーは八方ふさがりの状況だった。経済は長期停滞しているのに、改革を進めようとしても、その都度、軍の守旧派に押し戻され、結局元の木阿弥だった。経済の発展に必要な西側諸国との関係も、アウン・サン・スー・チー氏との和解を進め、民主化を進めないと打開できないのに、軍の守旧派はいつも及び腰だった。

「民主化ロードマップ」の再評価

 このジレンマを打破するために、軍の数少ない改革派だったキン・ニュン首相は、2003年、渾身の力で一手を打った。それがASEAN(東南アジア諸国連合)の協力を得て作成された「民主化ロードマップ」である。だが間もなく肝心のキン・ニュンが権力争いに敗れ、この動きは頓挫し、再びミャンマーの停滞と漂流が始まった。
 2007年、米英両国は国連安全保障理事会にミャンマー問題を付託するという強い圧力をかけた。そして議題として採択された(議題の採択は「手続き問題」であり、中国は拒否権を使えない)。ミャンマーの軍事政権はついに折れ、対外関係を大きく調整し始めた。覚悟を決めたのだ。そこで唯一の現状打開策である「民主化ロードマップ」が再評価され、これを本格的に動かし始めた。08年に国民投票により新憲法が制定され、10年に憲法に基づき選挙を実施し、11年に国会が召集された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
宮本雄二
宮本雄二 みやもと・ゆうじ 宮本アジア研究所代表、元駐中国特命全権大使。1946年福岡県生まれ。69年京都大学法学部卒業後、外務省入省。78年国際連合日本政府代表部一等書記官、81年在中華人民共和国日本国大使館一等書記官、83年欧亜局ソヴィエト連邦課首席事務官、85年国際連合局軍縮課長、87年大臣官房外務大臣秘書官。89 年情報調査局企画課長、90年アジア局中国課長、91年英国国際戦略問題研究所(IISS)研究員、92年外務省研修所副所長、94年在アトランタ日本国総領事館総領事。97年在中華人民共和国日本国大使館特命全権公使、2001年軍備管理・科学審議官(大使)、02年在ミャンマー連邦日本国大使館特命全権大使、04年特命全権大使(沖縄担当)、2006年在中華人民共和国日本国大使館特命全権大使。2010年退官。現在、宮本アジア研究所代表、日中友好会館副会長、日本日中関係学会会長。著書に『これから、中国とどう付き合うか』(日本経済新聞出版社)、『激変ミャンマーを読み解く』(東京書籍)、『習近平の中国』(新潮新書)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順