国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(70)

正月に考える「物部氏」と「神道」の深い関係

関裕二
執筆者:関裕二 2016年1月5日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本

 朝廷の正月の大切な儀礼のひとつに「朝賀(ちょうが)」がある。皇太子以下の諸臣が天皇に新年のお祝いを奏上するのだ。そしてこの時、なぜか「物部氏」が重要な役目を負っていた。
 たとえば『日本書紀』持統4年(690)正月元日条に物部麻呂(のちに石上=いそのかみの=麻呂と改める)が大盾を立てたとある。楯は武具だが、呪術的な意味が込められていた。『続日本紀』天平14年(742)正月元日条にも、百官朝賀の場で石上と榎井(物部系)の両氏が大楯と槍を立てたとある。
 正月だけではない。『延喜式』には、大嘗祭に際し、やはり石上と榎井の両氏が楯と戟(槍)を立てると記される。『続日本紀』や『古語拾遺(こごしゅうい)』にも同様の記事が載る。このような例は、他の豪族には見られない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順