【火】インド、徳岡さん、チベット、遊民

執筆者:フォーサイト編集部 2016年1月12日

先週末から連休にかけ、下記の記事3本をアップロードしました。

「遊民経済学」への招待(21)企業家精神を求めてゲーム産業を考える(吉崎達彦さん):55歳の若さで亡くなった任天堂の岩田聡社長が「おなかいっぱいの王様に料理を作っている」と評したゲーム業界。日本企業は市場を奪われている現状ですが、さて、ここからの反撃をどうするか。

【ブックハンティング】チベット問題を「国内問題」に矮小化する習近平の「新方針」(樋泉克夫さん):中国政府系最大のシンクタンク認定の研究書である本書からは、ダライ・ラマ14世を独立運動指導者ではなく単なる「華僑」「中国公民」と見なす中国政府の「思惑」が読み取れます。

クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?「児島惟謙」がいなかった国(徳岡孝夫さん):明治24(1891)年の「大津事件」の際、大審院長・児島惟謙は罪刑法定主義の立場を守って揺るがず、津田巡査は殺人未遂で無期徒刑になったが死刑は免れた。全国民熱狂の中で毅然として「法」を貫いた児島を、後の日本人は「護法の神様」と呼んで敬した。

 

そして今朝は、「専門家の部屋」の「インド」に「中国メーカーの後押しでインド『スマホ市場』が急成長」(緒方麻也さん)の新エントリ。インドのスマホ市場がかつてないほどの盛況、急成長ぶりを見せています。背景にあるのは、昨年から相次いでいる中国メーカーなどの現地生産でした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順