国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(71)

聖武天皇が仕掛けた「宗教戦争」と神仏習合

関裕二
執筆者:関裕二 2016年2月8日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本

 宗教、宗派の対立が、世界秩序の崩壊を助長している。そして、貧困と不公平、蓄積された恨みと憎しみが、混乱に拍車をかけている。それが今日の世界だろう。
 古代の日本でも、宗教戦争が勃発していた。だれもが知る6世紀後半の物部守屋と蘇我馬子の、仏教導入をめぐる死闘だ。
 物部氏は「蕃神(あたしくにのかみ、仏のこと)を祀れば、国神(くにつかみ)の怒りを買う」と主張し、仏像を難波の堀江(大阪市中央区)に捨てた。すると、蘇我馬子は反撃に出た。朝廷の主だった者を率いて、物部守屋を滅ぼしたのだ。
 けれどもこの戦い、純粋な宗教戦争だったかというと、じつに心許ない。その証拠に、物部氏自身が、当時仏寺を建立していたし、蘇我氏は物部守屋を滅ぼしたあと、神道を弾圧していない。対立の裏に、皇位継承問題や外交問題、改革を巡る利害の対立が隠されていた。要は、宗教戦争を隠れ蓑にした権力闘争である。
 ならば日本には、宗教戦争はなかったのだろうか。

「中臣氏が神道を私物化」

「静かで長い戦い」は、起きていたと思う。それが、中臣神道の成立から神仏習合に至る間にくり広げられた、摩訶不思議な暗闘劇である。
 7世紀後半から8世紀にかけて、律令制度の導入によって社会は大きく変貌した。中でも、藤原氏から別れた中臣氏が神祇官になると、神祇祭祀(神道)は激変した。藤原氏と中臣氏は神道を都合の良い形に改変していく。『日本書紀』が編纂され神話が確立し、伊勢神宮が整ったのだ。
 極論すれば、この時生まれた「神道」は、伝統を無視した張りぼてだった。だから平安時代に中臣氏とともに朝廷で祭祀を司る官職を務めてきた斎部広成(いんべのひろなり)は『古語拾遺』(こごしゅうい)を記し、中臣神道に対する不満を爆発させている。「これを言っておかなければ、死んでも死にきれない」「中臣氏が神道を私物化している」と訴えた。
 地方の神官に至っては「仏にすがりたい」と言い出している。これは異常事態だが、その理由ははっきりとしている。律令制度の矛盾が噴出し、農民たちが困窮すると、税を徴収する神官たちにしわ寄せが及んだからだ。
 収穫したイネの一部は神に捧げるために集められた。これが税で、律令以前から運用されてきたシステムだが、ここにいたり破綻したのだ。律令制度が原始共産制だったからだ。たとえば、「農地の私有は許さず、死後返納させる」から労働意欲を削ぎ、次第に荒地が増えていった。逃亡する民もあとをたたなかった。そしてこれが、神仏習合のひとつのきっかけになっていくのである。

この記事は役に立ちましたか?
Foresight最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順