饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(213)

イラン大統領「因縁の訪問」で垣間見えたフランス「宮廷外交」の自負

西川恵
執筆者:西川恵 2016年2月15日
エリア: ヨーロッパ 中東

 国際社会の対イラン経済制裁が解除された直後の1月下旬、イランのロウハニ大統領がイタリアとフランスを訪問した。

 イタリアではエネルギー分野など総額170億ユーロ(約2兆2000億円)の契約で合意。フランスではエアバス社から旅客機の大量購入と、仏企業のイランの空港や高速鉄道などへのインフラ建設参入が決まった。双方にとって大満足の成果だったが、もてなしを巡っては仏伊で好対照をなした。

 

全面的に要望を受け入れたイタリア

 まずイタリア。イランは事前の打ち合わせで、レンツィ首相がローマで催す夕食会に幾つかの注文を出した。

 料理は、イスラム教のルールに従って屠殺したハラル肉を使うこと、食事会に女性は出席しないこと、ワインボトルは目に触れないようにすること、の3点だ。最後のワインボトルを目に触れさせないというのは、ホスト国側もワインを飲まないでほしいということだった。

 イタリア政府はこれを受け入れた。加えて料理学校に通うイスラム教徒を臨時に雇い入れ、首相官邸の厨房で手伝わせた。「イスラム教徒がきちんとかかわって問題なかった」ということを示す狙いだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順