【金】世界同時株安、逆張りの思考

執筆者:フォーサイト編集部 2016年2月26日

昨日午後、成毛眞さんの好評連載「逆張りの思考:『監視』が社会を健全にする」をアップロードしました。監視する側が良心的であることが前提ですが、その強化で社会が健全になることはあっても、荒廃することは少ないのではないでしょうか。実際、警視庁が防犯カメラを設置した繁華街では、犯罪が減少傾向にあります。

 

本日の更新記事は、青柳尚志さんの好評連載「堕ちゆく世界の迷走」第66回「発火点は中国か? 世界経済『それぞれの不安』を総点検する」です。世界同時株安、その発火点は中国と見られていますが、世界を見渡すと新興国から日本、欧米それぞれが抱える問題が。果たしてG20で有効策を打ち出せるか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順