国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(72)

「天武天皇」ゆかりの「吉野」になぜ桜が多いのか

関裕二
執筆者:関裕二 2016年3月8日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本

 桜の季節の日本列島は、1年でもっとも美しい。絢爛に咲き誇り、はかなく散っていく桜……。日本人の美意識、死生観にこれほど合う花は、ほかにない。
 花は散り、そして1年の流転ののち、ふたたびこの世にもどってくる。おそらく、旧石器時代や縄文時代から継承されたアニミズム、多神教的宗教観と桜は、うまく合致したのだろう。
 西行の有名な、
 「ねがはくは 花のしたにて 春死なん そのきさらぎの もち月のころ」(『山家集』)
 も、桜に対する、日本人固有の意識が表されている。近代に至っても、梶井基次郎は、
 「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」(新潮文庫『檸檬』に収録の『桜の樹の下には』より)
 と、研ぎ澄まされた感性で桜の神秘性を表現している。日本人にとって、桜は特別な存在なのだ。

允恭天皇と衣通郎姫

 もっとも和歌の世界では、一時期、桜の人気は低迷した。たとえば、『万葉集』に詠(うた)われた花は、「萩」や「梅」「橘」が上位3位に位置し、桜は10位と、パッとしない。当時の貴族やインテリは、花と言えば梅を連想していたようだ。これは、漢文学の影響を強く受けた結果である。
 とは言っても、古代人が桜を軽視していたかというと、けっしてそのようなことはない。
 すでに第19代允恭(いんぎょう)天皇の時代に桜は歌になっている(5世紀前半か)。
 「花[はな]ぐはし 桜[さくら]の愛[め]で こと愛[め]でば 早[はや]くは愛[め]でず 我[わ]が愛[め]づる子[こ]ら」
 これは、允恭天皇が湧水の脇にたたずむ桜を眺め、皇后の妹で絶世の美女だった衣通郎姫(そとおしのいらつめ)に思いを伝えようと歌ったものだ。
 「桜のめでたさよ。愛するなら、もっと早く愛せばよかった。おそすぎたことよ」
 この話を聞いた皇后は、天皇を深く恨むのである。桜の輝きと皇后の嫉妬のコントラストが、際立って見える。ここが梅だと、物語に深みが出ない。いい意味でも、悪い意味でも、桜には情念がこもるのだ。

執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順