「『勝海舟語録』で読み解く中国の『本質』」に対する読者コメントに思う

樋泉克夫
執筆者:樋泉克夫 2016年3月15日
エリア: 中国・台湾 日本

 3月10日にアップされた拙稿(といっても、勝海舟の考えを時の流れに沿って並べ替えただけですが)に対し、多くの貴重な御意見を戴き深謝致しつつ、若干の愚見を記します。

 

(1)目下、経済苦境に陥っているであろう中国に対し、「ザマーミロ」といった調子の見解が見られるが、昭和前期の「暴支膺懲論(暴戻=ぼうれい=支那=しな=ヲ膺懲=ようちょう=ス、すなわち『暴虐な中国を懲らしめよ』という主張)」のその後の経緯を考えた時、平成版「暴支膺懲論」ともいえる考えに将来的な展望が開けるとも思えない。

 アメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンの「訣別の辞」に、次の一節がある。

「国家政策を実施するにあたってもっとも大切なことは、ある特定の国々に対して永久的な根深い反感をいだき、他の国々に対しては熱烈な愛着を感ずるようなことが、あってはならないということである。(中略)他国に対して、常習的に好悪の感情をいだく国は、多少なりとも、すでにその相手国の奴隷となっているのである。これは、その国が他国に対していだく好悪の感情のとりこになることであった、この好悪の感情は、好悪二つのうち、そのいずれもが自国の義務と利益を見失わせるにじゅうぶんであり、……(以下略)」(アルバート・C・ウェデマイヤー『第二次大戦に勝者なし ウェデマイヤー回想録(上下)』講談社学術文庫1997年)

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順