再び「5日間で日本敗戦」シミュレーションを考える

林吉永
執筆者:林吉永 2016年4月9日
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 中国・台湾 日本

 アメリカのランド研究所が行った日中戦争のシミュレーションでは、5日間で日本敗戦という結果となった(2016年2月13日「『日本は対中戦争5日で敗戦』――米ランド研究所シミュレーションの含意」参照)。これを笑って済ませることはできない。何故ならば、ランド研究所が、いい加減なデータを使ってシミュレートしたとは思えないからだ。戦争シミュレーションのような数学的、統計的と言われる分析(Operations Research:OR)には、例えば、戦争指導者の能力や資質といった定性的要素は考慮外である。

 ORには、実に複雑多岐の要素がインプットされるが、ここでは代表的な範囲に止めておきたい。彼我の軍事力の優劣を競うORに供する定量的データは、火器、艦艇、戦闘機、ミサイル、警戒監視センサーなど装備の相対的優劣を導く、有効射程、破壊力、速度、行動半径、探知距離、電子戦などの基本性能であり、さらに重要なのは、主としてそれら装備の保有数、稼働率、および、火器の命中精度である。

 火器の命中、破壊の確率は、専門的に平均誤差半径(Circular Error Probability:CEP)と呼ぶ、ミサイルや爆弾など1発ごとの命中精度と、その性能限界を補完する、何発撃てば所望の効果を得られるかという命中確率を合わせて導く。後者には、隊員の練度を定量換算した要素が加えられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
林吉永
林吉永 はやし・よしなが NPO国際地政学研究所理事、軍事史学者。1942年神奈川県生れ。65年防衛大卒、米国空軍大学留学、航空幕僚監部総務課長などを経て、航空自衛隊北部航空警戒管制団司令、第7航空団司令、幹部候補生学校長を歴任、退官後2007年まで防衛研究所戦史部長。日本戦略研究フォーラム常務理事を経て、2011年9月国際地政学研究所を発起設立。政府調査業務の執筆編集、シンポジウムの企画運営、海外研究所との協同セミナーの企画運営などを行っている。
comment:6
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順