パナマ文書「プーチン知人の音楽家」は本当に「シロ」なのか

名越健郎
執筆者:名越健郎 2016年5月9日
エリア: ロシア

 世界各国の首脳や富豪がタックスヘイブン(租税回避地)の法人に関与する実態を暴露した「パナマ文書」について、沈黙を決め込む中国と対照的に、ロシアの過剰反応が目立っている。プーチン大統領は説得力のない説明をし、報道官は火消しに追われた。ちぐはぐな対応は逆に疑惑を高めており、政権の危機管理能力低下を印象付けた。

謎のロルドゥーギン氏

「パナマ文書」には今のところ、ロシアの政治家や財界人13人が登場するが、文書で最高額となる20億ドルを取引し、複数の会社の所有者に名を連ねていた音楽家のセルゲイ・ロルドゥーギン氏は、プーチン大統領と関係の深い謎の人物だ。ロシア人記者が2000年にプーチン大統領や友人・親族らの証言を集めて執筆した『プーチン、自らを語る』(扶桑社)で、同氏は大統領との関係を明かしており、プーチン氏の知られざるエピソードが興味深い。
「プーチンは私の兄の大学同級生で、彼が家に来て、仲良くなり、実の兄弟のような間柄になった。彼の家に遊びに行き、飲み食いしては泊まった」
「プーチンはソ連国家保安委員会(KGB)に入ることをすぐ私に話してくれた。他の人には警察で働くと言っていた」
「2人でバスの停留所にいた時、酔った数人の若者がからんできた。1人がプーチンをこづいたとき、プーチンはあっという間に若者を投げ飛ばした。プーチンが少し動いただけで、若者が空中に舞ったのだ。なんといっても、彼は76年のレニングラード柔道王者なのだ。プーチンは『さて、行こうか』と穏やかに言った。かっこよかった」
「私は音楽学校を卒業してムラビンスキーの楽団に席を得た。演奏で日本などを訪れた。私は彼よりカネをもらっていたので、旅行のおみやげにTシャツなどをあげた」
「プーチンが出張でモスクワに行った時、腕を骨折したことがあった。地下鉄でごろつきにからまれて殴った時に折ったという。『KGB本部は事情を分かってくれないだろう。まずい結果になるかもしれない』とうろたえていた。しかし、うまくおさまった」
「(90年に旧東独が消滅してプーチンが帰国した後)彼はとても混乱し、『こんなことが起きていいのか』と狼狽した。彼は仕事に幻滅し、『KGBを辞めるつもりだ』と言った」
「サンクトペテルブルク市長のもとで働くようになって、会う機会も少なくなった。彼は朝早くから夜遅くまで全霊で働いていたのだ。運転手と一緒に私の別荘に来たとき、ベッドに案内すると、ベッドの下に空気銃を置いた。『こうしておくと、少しは気が落ち着くんだ』と言った」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順