逆張りの思考
逆張りの思考

『これが「買い」だ 私のキュレーション術』出版記念対談 成毛眞VS.堀江貴文

成毛眞
執筆者:成毛眞 2016年5月12日
エリア: 日本

 現代社会を生き抜くために重要なのは、情報を収集して選別する力。即ちキュレーション術である。本誌連載の「逆張りの思考」が単行本として発売されたのを記念し、著者の成毛眞氏(60)と旧知の堀江貴文氏(43)がそれぞれのキュレーション術について語り合った。

成毛氏とは10年以上の付き合いという堀江氏(左)


成毛眞 お久しぶりですね。おっと、今日はお洒落な服を着てるけど。
堀江貴文 実は服選びをアウトソーシングしているんですよ。
成毛 スタイリストに?
堀江 それはもう古い考え方です。そうじゃなくて、服を選ぶのが好きな友達っていますよね。そういう人に通販サイト・ZOZOTOWNでおすすめの服のURLをLINEで送ってもらい、気に入ったのを買ってます。
成毛 へえ、ネット通販なのに試着しなくて平気なの?
堀江 ZOZOTOWNはどんなブランドの服も採寸し直しているから、サイズで失敗することはなくて、すごく便利です。
成毛 服を買うなら百貨店が当たり前だったけど、出掛けるのが面倒という人もいるし、いいビジネスになるんじゃないかな。
堀江 靴でも鞄でも、ゴルフクラブでも何にでも応用できますよ。モノがあふれている今は、キュレーションが大事だと思います。
成毛 情報を収集して選別する力。週刊新潮では「逆張りの思考」という連載をやらせてもらっていて、単行本になったんだけど、タイトルが『これが「買い」だ─私のキュレーション術─』。つまり、キュレーションこそが重要だと。今日は、現代の日本で我々が生き抜くためにいかにキュレーションやリテラシー(情報を活用する力)が大事か。そして、今お互いが何に注目しているのか、ざっくばらんに話したいと思ってます。
堀江 分かりました。
成毛 堀江君は『君はどこにでも行ける』(徳間書店)という本を最近出版されましたよね。読ませてもらうと「日本は安くなった」と書かれている。全くその通りだなと思いました。先日、オーストラリアのシドニーで家内と娘と3人でラーメンを食べたら、お会計が5800円くらいだったので高いなと思った。でも、よく考えたら日本が安いんですよね。だから中国人観光客も爆買いをする。
堀江 日本だけが相対的に安くなっているんです。だけど、ラーメンがそんなに高くて生活できるのか、疑問に思います。アメリカでは、最低賃金を15ドルに引き上げると決めた州が多いのですが、それで大丈夫なのかな、と。
成毛 15ドルということは約1600円で、1杯2000円のラーメンはなんとか食べられるかもしれない。でも、東京の最低賃金は907円だから、たとえばコンビニ店員が、そのラーメンを食べるのに2時間ちょっと働かないといけない計算になるね。
堀江 そういえば、コンビニで日本人の店員を見かけなくなってきましたね。
成毛 中国人の店員をよく見るよね。
堀江 そういう仕事はしたくないという日本人が増えているのでしょう。やらなきゃならない仕事が多いのに、いくらでも替えがきくから、時給が上がらない。
成毛 その一方で、コンビニ店員の負担は増えています。私は、揚げ物を揚げたりおでんを補充したりする延長線上で、コンビニ店員がレジ脇でスシを握るようになるんじゃないかと思っているのだけど。コンビニにはまだまだビジネスチャンスが転がっている。
堀江 これからのコンビニで売るべきものは、牛丼だと思いますね。今も牛丼を売っているけど、そのうちカウンターで具をよそってご飯にかけるようになるんじゃないかな。コンビニの商品開発力をもってすれば、旨い牛丼はすぐに作れるはず。そうなると、チェーンの牛丼店はあっという間にコンビニに客を奪われますよ。
成毛 そうなれば、コンビニのイートインスペースは広くなるでしょうね。
堀江 コンビニの近くでイートインのための貸しスペースを提供したらいいんじゃないかな。昼だけじゃなくて夜もそうすれば、コンビニで買ったもので宴会をすることも可能です。イートイン居酒屋になる。そうなる一方で、ものを売るだけのコンビニは無人化しますよ。
成毛 無人化されればコンビニに行くたびに「なんとかポイントカードは持っていますか」と聞かれなくて済むようになるから、ありがたいな。あれって面倒だよね。その一方で、ポイントカードを持っていながら、マイナンバーに反対している人がいますよね。私はそういう人の気持ちが分からない。ポイントカードには、購買の記録が丸裸になるリスクだってある。それを運営会社に知られるのは良くて、政府に自分の収入を知られるのがどうして嫌なのか、と。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順