【木】イラク・サドル派、安保理決議、中東通信

執筆者:フォーサイト編集部 2016年5月12日

今朝は、「専門家の部屋」の「中東」に「サドル派による議会乱入でイラクの政権・議会は目を覚ますか」(池内恵さん)の新エントリがあります。シーア派の聖職者としては高位でないものの、反米強硬派の政治指導者として注目されるサドル師。その支持者らによる議会乱入事件は、政権側による議会への圧力との見方もあります。

 

その池内さんが運営する「池内恵の中東通信」にも、下記の2本の更新情報がアップロードされています。

「『サイクス=ピコ協定』から百年――中東問題の困難さを掘り下げる」5月16日でサイクス=ピコ協定から100年。「中東問題の諸悪の根源」と言われることが多い同協定ですが、それほど単純な話ではありません。近日発売の新潮選書『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』についての概略です。

「チラン海峡二島のエジプトからサウジへの『返還』が示すもの」イスラエルにとって戦略的に重要な意味を持つチラン海峡の2つの島。エジプトのナショナリズムにとっても重要なこの2島が、サウジアラビア領になりました。その意味するものと、エジプト内政への影響は?

 

さらに、「専門家の部屋」の「国際機関」には「国連イラン制裁の現場から(7)武器禁輸:安保理決議の定義」(鈴木一人さん)の新エントリも。イランからの武器輸出は禁止されていますが、ISとの戦いに関しては実質的に黙認。輸入にも様々な制限がありますが、それを今後も履行できるかどうかには疑問符が付きます。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順