【木】ヤタカラス、インド国鉄事情

執筆者:フォーサイト編集部 2016年6月9日

本日の更新記事は、関裕二さんの「国際人のための日本古代史(75)その後の『ヤタカラス』と『山城』『丹波』」です。熊野で神武天皇を先導した「ヤタカラス」は、その後、当時の流通ネットワークの結節点である「山城」に落ち着きます。この動きの中で、「丹波」の影響力がそこここに見受けられます。

「専門家の部屋」では、「インド」に「目覚めるインド国鉄:『準高速鉄道』『駅ナカ再開発』近代化の成否」(緒方麻也さん)の新エントリ。総延長では世界第4位の規模をもつインドの国鉄が、収益の面で急成長しています。ただし、その6割が貨物収入で、乗客にとっては車内サービス、駅の利便性などまだまだ課題が山積みです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順