【月】サウジvs.国連、EUの歩み、北朝鮮

執筆者:フォーサイト編集部 2016年7月11日

「専門家の部屋」に、3本の新エントリ。

「北朝鮮『最高人民会議』(下)新味ない『5カ年戦略』と『健康不安』」(朝鮮半島、平井久志さん):党と国家のトップに就いた金正恩氏ですが、その経済戦略には新味なく、活発に見えるのは外交のみ。そんな金氏の肥満と喫煙――健康不安も問題になりそうです。

「EUの来た道(中)19世紀から続く悪戦苦闘」(ヨーロッパ、渡邊啓貴さん):1830年代に成立したドイツ関税同盟や、1860年代のラテン貨幣同盟。欧州統合の萌芽はこのころからありました。そして第1次世界大戦後には、カレルギー卿がパン・ヨーロッパ運動を提唱することになります。

「サウジの圧力に屈した『潘基文』国連事務総長」(国際機関、鈴木一人さん):イエメン内戦で蹂躙される子どもの権利。報告書で取り上げられたサウジの蛮行について、撤回に応じた潘基文事務総長。「国連の信頼性への深刻な打撃」として、批判の声が高まっています。 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順