【木】シティの機能、南シナ海、出光

執筆者:フォーサイト編集部 2016年7月14日

昨日正午、後藤康浩さんの「出光・昭シェル『合併反対』騒動:経営統合に潜む『可能性』と『リスク』」をアップロードしました。流行にもなっている企業の「経営統合」ですが、重大な落とし穴が。突如反対した創業家にも思惑があるようですが、やはり統合はリスクが大きいのでは――。フォーサイト初登場筆者のレポート、読み応えあります。

本日の更新記事は、田中直毅さんの「経済の頭で考えたこと(83)英国EU離脱で露出した『3つの亀裂』」です。ロンドンの金融街シティの金融商品組成能力は極めて高く、世界中の金融機関がそれを利用しています。しかしそれはシティを取り巻く環境と相まってのもの。英国がEUを離脱してもその機能は維持されるのか? 注視せざるを得ません。

「専門家の部屋」では、「中国・台湾」に「台湾・ASEANから見た『南シナ海』裁決」(野嶋剛さん)の新エントリ。この裁決、実は台湾にとっても極めて重要な意味を持ち、中国と台湾の関係を接近させる可能性があります。そして日本にとっても手放しで喜んではいられません。「沖ノ鳥島問題」があるのです。
 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順