【金】印「禁酒法」、憲法改正、英「原発政策」

執筆者:フォーサイト編集部 2016年8月12日

一昨日午後、杜耕次さんの「英国メイ新政権:原発政策『急変の兆し』を注視せよ」をアップロードしました。キャメロン前政権時代、中国の”習近平爆買いツアー”に席巻された感のあった英国の原発政策。メイ首相は就任早々、これを根底から覆す極めて重大な決断をしました。日本もうかうかしてはいられません。

 

また昨日は、「深層レポート 日本の政治(195)『参院選勝利』でも……かくも多難な『憲法改正』への道」もアップロードしています。参院選には勝利しましたが、安倍政権の脆弱さが感じられるようになってきました。憲法改正ももちろん簡単ではありません。実際には、遅くとも3年以内にやらなければならないという条件もあります。

 

そして今朝は、「専門家の部屋」の「インド」に「インド各州に広がる『禁酒法』の功罪」(緒方麻也さん)の新エントリ。もともと敬虔なヒンドゥー教徒は「魂が眠ってしまう」と飲酒を戒めていたインドで、このところ禁酒法が広がっています。が、やはりその反動も起きているようで……。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順