【水】サウジ副皇太子、F35導入、中東通信3本

執筆者:フォーサイト編集部 2016年9月14日

今朝の更新記事は、西川恵さんの好評連載「饗宴外交の舞台裏」第220回「親日『サウジ副皇太子』へ安倍首相『異例の厚遇』」です。空手が得意で和食好き、ハネムーンでも日本旅行をしたほどの親日家副皇太子が、脱石油の経済改革で日本に協力を求めて来日。安倍首相も異例の歓待ぶりでした。

 

そして大注目の「池内恵の中東通信」では、昨夜から今朝にかけ下記の3本を連続アップ。

■シリアで発効した「停戦」をめぐる外交用語の洗練度

■トルコのシリア北部「飛行禁止区域」の設定宣言がもたらし得るシリア内戦の均衡点

■シリア分割論がやはり出てきた

 

また、「専門家の部屋」の「安全保障」には「『F35導入』で進む『日米同盟深化』とその裏側」(林吉永さん)の新エントリ。F35Aを42機導入する航空自衛隊。これにより、日米の共同体制は強化されますが、同時に、米国製装備への依存度も高まることになります。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順