「南スーダン」をめぐる難題(下)特異な形の「破綻国家」

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2016年11月1日
エリア: アフリカ 日本
10月16日、南スーダン北部の町マラカルでトラックに乗り込む政府軍の兵士たち(C)AFP=時事

 1992年から1995年までアフリカのソマリアで展開されたPKO活動は、介入の失敗例の典型とされている。1991年にシアド・バーレ政権が崩壊し、国民が軍や警察から武器を奪い、ソマリアは完全な無政府状態となった。食糧不足と治安秩序の全面崩壊によって人道危機が深刻化したことで、大規模な国連PKOが2段階に分けて編成され、米軍がその中心となった。安保理は国際連合憲章第7章に基づき、武力行使を含む必要なあらゆる措置の実施権限を付与し、いわゆる平和の強制執行を開始した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 欧露・中東・アフリカ室室長。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。最新刊は『ボコ・ハラム イスラーム国を超えた「史上最悪」のテロ組織』(新潮社)。
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top