「3つの大渦」に翻弄される韓国(3) 3週間で「潘基文候補」が消えた顛末

平井久志
執筆者:平井久志 2017年2月10日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 朝鮮半島
潘基文氏不出馬を伝える韓国各紙 (c)時事

 第3の渦は大統領選挙だ。先述のように、憲法裁判所の弾劾可否が3月13日までに出て、大統領選挙は4月末から5月初めに実施される可能性が高まった。韓国内の雰囲気は新年になり、大統領選挙の早期実施を織り込んで大統領選挙のムードに包まれている。潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が1月12日に帰国し、実質的に大統領選挙運動に身を投じたが、先述したようにわずか3週間で出馬を断念した。

 潘基文氏は候補のいない保守勢力にとっては「救世主」のような存在だっただけに、保守勢力に大きな空洞が生じた。この空洞を誰が埋めて、現在は第1位を走る「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補に対抗することができるかが今後の焦点だ。

文在寅氏が支持率トップへ

 本サイトの前回の報告(2016年12月22日)からの大きな変化は、文在寅「共に民主党」元代表が大きく支持を伸ばし、韓国に帰国した潘基文前国連事務総長がブームを起こせず逆に支持率をじりじりと下げたことだ。

 韓国の世論調査会社、韓国ギャラップが1月10~12日に行った支持率調査では文在寅・元「共に民主党」代表が31%と前回の調査(12月6~8日)から11ポイント上昇した。潘基文・前国連事務総長は20%で前回と同じだった。第3位は李在明(イ・ジェミョン)城南市長で12%(前回より-6ポイント)、第4位は安哲秀(アン・チョルス)元「国民の党」代表で7%(-1ポイント)、第5位が安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事で6%(+1ポイント)、第6位はセヌリ党の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行で5%、第7位は保守新党の「正しい政党」の劉承旼(ユ・スンミン)議員で3%(前回と同率)、第7位が孫鶴圭(ソン・ハッキュ)国民主権改革会議議長で2%(-1ポイント)という結果だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順