Δ(デルタ)

連載小説 Δ(デルタ)(12)

杉山隆男
執筆者:杉山隆男 2017年7月8日
エリア: 中国・台湾 日本
沖縄県・尖閣諸島の魚釣島と北小島、南小島 (C)時事

 

【前回までのあらすじ】

突然の銃声に気をとられ、巡視船「うおつり」の特警隊員・市川に取り押さえられた、「愛国義勇軍」の最年少兵士・張。その耳に入ってきたのは、乗っ取り仲間であるはずの謝と呉の、仲間割れともとれる激しいやり取りだった。それを聞いているうちに、張の目から涙があふれてきた。

 

     12

 張和平(チャン・ヘーピン)は幼い日々を思い出したのだ。早くに両親を亡くし、祖父母に育てられた張にとって、近所に住んでいた劉一家は家族同然の絆でむすばれた存在だった。張のことをはるか年下の弟のように何くれとなく面倒をみてくれたのは、日本の高校に当たる高級中学にすでに進んでいた、ひと回り違う勝利(ションリー)だったが、彼の両親もまた張をルールーの愛称で呼び、我が子同様に可愛がった。ひとりっ子政策の締めつけでこれ以上の子供は望めない勝利の両親からすれば、愛くるしい笑顔でなついてくる張はまさしく2番目の息子だった。夕食はたいてい劉家で勝利母子と一緒に食卓を囲み、そのまま寝入って泊ってしまうこともしばしばだったが、家に帰るとき劉の母親はいつも年老いた張の祖父母のためにさまざまなみやげを持たせていた。その中にそれとなく忍ばせておいた現金がわずかばかりの年金に頼って食うや食わずの生活を送っていた祖父母にとって家計のかけがえのない支えとなったことをのちに張は2人から教えられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
杉山隆男 1952年、東京生れ。一橋大学社会学部卒業後、読売新聞記者を経て執筆活動に入る。1986年に新聞社の舞台裏を克明に描いた『メディアの興亡』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。1996年『兵士に聞け』で新潮学芸賞受賞、以後『兵士を見よ』『兵士を追え』とつづく「兵士シリーズ」は7作目の『兵士に聞け 最終章』で完結した。ノンフイクション、小説、エッセイなど精力的に執筆し、『汐留川』『昭和の特別な一日』『私と、妻と、妻の犬』など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top