ベネズエラ危機で「軍」はどう動く:「制憲議会選挙」を前に最大の山場

遅野井茂雄
執筆者:遅野井茂雄 2017年7月27日
エリア: 北米 中南米
軍の出方次第で……(C)EPA=時事

 

 本サイト6月30日付の拙稿(「インフレ4ケタ」「死者80人」ベネズエラ危機の「見えない出口」)の続報である。

 延命の秘策としてマドゥロ政権は7月30日に制憲議会選挙を強行しようとしているが、それに対し、国際的枠組みによる支援を断たれた形の反政府勢力は、抗議行動を強めると同時に、独自の代替案を提示して政権の非正統性を世界に訴え、必死に事態の打開に向け動いている。二重政府の存立による内戦に近い状況が生まれつつあると言っても過言ではなく、ベネズエラ危機は大きな転換点に差し掛かった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
遅野井茂雄 筑波大学大学院教授、人文社会系長。1952年松本市生れ。東京外国語大学卒。筑波大学大学院修士課程修了後、アジア経済研究所入所。ペルー問題研究所客員研究員、在ペルー日本国大使館1等書記官、アジア経済研究所主任調査研究員、南山大学教授を経て、2003年より現職。専門はラテンアメリカ政治・国際関係。主著に『21世紀ラテンアメリカの左派政権:虚像と実像』(編著)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順