【木】特別対談(2)(3)、バノン「解任」、
   「中東通信」5本!

執筆者:フォーサイト編集部 2017年8月24日
カテゴリ:

昨日午後、小此木政夫さんと平井久志さんによる「特別対談」の短期集中連載を下記の通り連続アップロードしました。この対談は全6回の予定です。

【特別対談】「韓国」「北朝鮮」との「向き合い方」(2)北朝鮮はなぜ崩壊しないのか。われわれは金日成を過小評価しているのではないか。現状に横たわる「不都合な真実」から目をそらしてはいないか――斯界の専門家による特別対談第2回!

 

【特別対談】「韓国」「北朝鮮」との「向き合い方」(3)朝鮮半島、そして東アジアの平和と安定に、日本の果たすべき役割は何か。現在、アメリカに同調している形の日本の政策に問題はないのか。斯界の専門家による特別対談、第3回です。

 

そして今朝は、「専門家の部屋」の「アメリカ」に「『バノン辞任』でトランプ政権を巡る『楽観論』と『悲観論』」(足立正彦さん)をアップロードしています。事実上の「解任」ですが、この激震で、トランプ政権の経済・外交政策が穏健な方向に転換するのではという「楽観論」と真逆の「悲観論」が錯綜しているようです。

 

さらに、「池内恵の中東通信」では、昨夜のうちに連続して5本の貴重な情報が更新されています。

米トランプ政権がエジプトへの軍事援助の差し止め米政権の中東政策の柱であり、トランプ大統領自身も良好な関係先と目されていたエジプトへの軍事援助に大きな変化が。この意味するところには注意が必要です。

米の対エジプト援助差し止めは北朝鮮絡みという報道も知る人ぞ知るエジプトと北朝鮮との関係。ひょっとすると米・エジプト関係の問題ではなく米朝関係の問題の延長なのかも――。

北朝鮮と中東の軍事関係は深い北朝鮮の対中東・アフリカへの軍事援助・軍事輸出について、極めて有益な参考文献を紹介してあります!

エジプト・北朝鮮関係はムバーラク–金日成の「血の絆」から親米であるはずのエジプトは、北朝鮮から軍事支援を受け、長らく韓国を承認していなかったのです。

北朝鮮とGCC諸国との経済・軍事関係北朝鮮と湾岸産油国との関係を考えると、実は巡り巡って米国や日本の湾岸産油国への支援・輸入などが北朝鮮を潤しているとも言えそうです。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順