【火】現代「京劇」考、米金融政策「崩壊」

執筆者:フォーサイト編集部 2017年9月26日
カテゴリ:

昨日午後、「専門家の部屋」の「中国・台湾」に「現代『京劇』考:中国の『反日』『抗日』は『暇潰し』か『イヤガラセ』か」(樋泉克夫さん)をアップロードしました。かつて毛沢東思想の偉大さを讃えるために創作された「京劇」。それが今、習近平式超大国化への応援歌へ生まれ変わり、さりげなく「反日」の主張が織り込まれています。昨今の京劇にみられる「反日」は、どのような意味を持つのでしょうか。

 

本日の更新記事は、鷲尾香一さんの「FRB『資産縮小』でも米金融政策『崩壊』の瀬戸際」です。金融危機対策で貯まりに貯まった資産の縮小に乗り出したFRB。が、トランプ政権と真っ向対立の模様で、このままではせっかく好調の米景気にも影響が出そうです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top