風が時間を
風が時間を(22)

まことの弱法師(22)

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2018年1月21日
エリア: 北米 日本

 新学期の1時間目。「新聞学概論」のマーフィー先生が入ってきた。白髪痩身。「出席を取りましょう」と言ってポケットから黒表紙、縦長の出席簿を取り出した。30人ほどの学生が名を呼ばれるとイエス、ヒアなどと各自に答える。先生はいきなり「What is freedom of the press.」と言った。そして立ち上がり教室の中をぶらぶら歩いて窓際に立ち外を眺めた。

 10月初旬、ニューヨーク州北部の山々は黄金色に染まっていた。何をしているんだろう。講義の手順を考えているのか。私は先生の背中越しに景色を眺めた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
クローズアップ
comment:6
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top