【火】サウジアラムコ株公開、香港議会補選、
   カタルーニャ独立

執筆者:フォーサイト編集部 2018年3月13日
カテゴリ:

昨日午後、以下の2本の記事をアップロードしました。

「サウジアラムコ」の株式公開は2019年に延期されるのか(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):2018年中に上場させるためには、もろもろの手続きを3月いっぱいで終わらせる必要があるとも。果たして来年に延期するのか、そもそも本当に上場するのか――。

 

香港議会「補選」:中国の圧力をギリギリ押し止めた民主派勢力の「明日」(中国・台湾の部屋・野嶋剛さん):昨日行われた、香港議会の補欠選挙。結果は民主派にとって、中国の様々な圧力をなんとかかわした形になりました。その圧力とは、そして民主派の今後は――。

 

そして本日の更新記事は、大野ゆり子さんの好評連載「ヨーロピアン・ラプソディ」第12回「カタルーニャ『独立』を戦う『諧謔』という武器」です。いまだ決着の見通しが立たず、深刻な対立の様相を呈しているスペインのカタルーニャ独立問題。でも不思議なことに、そこにはユーモラスな空気が漂っているのです。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top