【月】ライアン下院議長、無形文化遺産(上)(下)、
   サウジ・ムハンマド皇太子、君主号、
   『Financial Times』、書評、『007』

執筆者:フォーサイト編集部 2018年4月16日
カテゴリ:

先週金曜日の午後から週末にかけ、下記の7本をアップロードしています。

共和党「苦難の序曲」となるかライアン下院議長「政界引退表明」(足立正彦さん):副大統領候補の経験もあり、党の「顔」としても全米で知名度の高いライアン氏の引退は、来たる中間選挙で共和党に大きな影響を及ぼしそうです。

 

「匠の技」「サウナ」「海女」から「紛争解決」まで:世界ユニーク「無形文化遺産」一覧(上)(田井誠さん):世界には、傍目からは奇妙な風習や伝統が無数に存在します。その集大成であるユネスコ「無形文化遺産」を紹介します!

 

「匠の技」「サウナ」「海女」から「紛争解決」まで:世界ユニーク「無形文化遺産」一覧(下)(田井誠さん):「無形文化遺産」の中には、特定の民族や地域だけに限定されず、広範囲に広がっているものもあります。鷹匠しかり、海女しかり――。

 

ムハンマド皇太子が「言外」に匂わせた目標油価「80ドル」(岩瀬昇さん):米国に3週間、さらに欧州へ――精力的に外遊を続ける皇太子、実はインタビューで、目指す油価は80ドルだと言わんばかりの話をしていたようです。

 

「君主号」の世界史(2)さまざまな君主号――東洋史家の辯明(いいわけ)(岡本隆司 さん):「スルタン」「ハーン」「マリク」「シャー」ーー世界にはさまざまな君主号がありますが、本来「皇帝」と訳すべきものまでも、「国王」としてしまっている不思議、が存在します。

 

「サウジアラムコ」の企業価値は「2兆ドル」及ばずと断定した『Financial Times』(岩瀬昇さん):上場するのか、するならいつか、が注目されているアラムコ、ではその企業価値は、という疑問についてサウジ側は「2兆ドル」を示唆していましたが、FTはそれを真っ向否定しています。

 

Bookworm(17)ドン・ウィンズロウ 田口俊樹 訳『ダ・フォース』評者:香山二三郎(コラムニスト):評者が年末ベストテンでも上位につけそうだという『ダ・フォース』。主人公は悪徳警官マローン。共感は呼ばずとも、彼の放つ熱気に読者がいつしか呑み込まれていくミステリーです。

 

今朝の更新記事は、竹田いさみさんの好評連載「『007』を旅して」第6回「MI6長官『M』の正体」です。007シリーズでは、ジェームズ・ボンドが所属するMI6の長官を「M」と呼びますが、それは何故なのでしょうか。「Minister.」や「Mr.」の略ではなさそうです。そこで筆者が由来に迫ります。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top