【金】プーチン後継者、マネーの魔術史、
   インドネシア家族テロ、米エネルギー、
   ロシア宇宙戦略

執筆者:フォーサイト編集部 2018年5月25日
カテゴリ:

 

昨日午後、以下の4本をアップロードしました。

「6年後の退陣」で見通すプーチン大統領の「後継者」(ロシアの部屋・名越建郎さん):就任式を終え、4期目の政権をスタートさせたロシアのプーチン大統領。「高齢になっても大統領を続けるつもりはない」となると、その後継者は誰になるのか、その顔触れは――。

 

占領地での戦費は軍票で調達された(マネーの魔術史・野口悠紀雄さん):第2次世界大戦の戦費を、国債の日本銀行引き受けで調達した日本。では拡大した占領地域の費用はどうしたのでしょうか――それは軍票で現地調達していたのです。

 

インドネシアで頻発「家族テロ」の衝撃と対策(川村晃一さん):今月、インドネシアでは、1週間に6件もの爆弾テロが起きました。いずれもイスラム過激派によるもので、教会や警察署が相次いで襲われたのです。実行犯は幼子のいる「家族」でした。

 

トランプ大統領「緩和」の「環境規制」強化を迫られるエネルギー業界(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):オバマ政権、トランプ政権と、米国は石油関連施設からの排出ガス規制を緩和してきました。が、ここにきて最大手の「エクソンモービル」が、まったく逆の方針を打ち出したのです。

 

17時には「トランプ『今日のつぶやき』」も更新しています。

 

そして今朝の更新記事は、小泉悠さんの好評連載「サイバーウォー・クレムリン」第16回、「開発立ち後れ『宇宙』でもロシア式『できることをやる』戦略:宇宙開発でアメリカの後塵を拝しているロシアですが、それでも「できることをやる」のが、この国。その1つが、「A2/AD」と呼ばれる戦略です。どのようなものなのでしょうか。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top