「ジハード主義者の妻」と「シャルリー捜査記録」が示す真実

国末憲人
執筆者:国末憲人 2018年6月28日
エリア: ヨーロッパ 中東
仏『シャルリー・エブド』襲撃事件で、次々と特ダネをモノにしてきた調査報道サイト『メディアパルト』の記者マティユ・シューク氏 (筆者撮影)

 

 メディアが標的となって世界に衝撃を与えたフランスの風刺週刊紙『シャルリー・エブド』襲撃事件から3年半が過ぎた。この間、襲撃を支援したといわれる武装組織「アルカイダ」や「イスラム国」が退潮傾向を見せたこともあり、記憶は次第に薄れつつある。だが、その間に実像や背景が十分解明されたとは言い難い。

内部文書や非公開の捜査資料 

 この事件の謎に最も迫ってきたジャーナリストは、調査報道サイト『メディアパルト』の記者マティユ・シューク(43)である。主要夕刊紙『ルモンド』の記者時代、事件に遭遇した彼は、捜査当局内に築いた人脈を生かして数々の特ダネをモノにし、『メディアパルト』に移籍した後も追跡を続けている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員を経て、現在はGLOBE編集長、青山学院大学仏文科非常勤講師。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top