時は刻々と進んでいます。北朝鮮と米国の睨み合い。

韓国に滞在する日本人は、有事の際の脱出法を真剣に考えている事でしょう。また、従業員を韓国に派遣している企業も同じでしょう。
日本政府ももちろん手をこまねいているわけではなく、今回の「大使帰任」も、その一環でしょう。

ところが、この日本側の動きを、敢えて邪魔する国があります。そう、言わずと知れた“韓国”。韓国政府は、この件(有事の際の邦人保護)に関し、日本政府との協議に応じる姿勢を示していないとのこと(2017.4.21読売新聞朝刊)。日本政府は車両のチャーターを考えているようですが、相手は韓国のこと、何をしでかすかわかったものではない。

通常の国であれば、このような際の政府間協議は成立するはずでしょう。韓国とは、この程度の国であることを、身を以て知るべきである。
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top