著者名で検索
ドコモ・auの方限定キャリア決済利用でForesightが今だけ3ヶ月無料!

ラグビーW杯を日本に招致するには

執筆者:生島淳 2009年7月号

 U20(二十歳以下)のラグビー世界選手権が六月二十一日まで日本で開催中だ。日本代表の成績も気になるところだが、実は「ホスト国」としての力量が試されている最中でもある。 ラグビーのW杯は一九八七年に第一回が開かれたが、これまでの開催国は実力、人気ともに高い英国四協会、仏、豪、南アフリカ、そしてニュージーランド。日本は二〇一五年と一九年の招致に立候補しており、IRB(国際ラグビーボード)による両大会の開催地決定が七月二十八日に迫っている。 日本の他にはイングランド、イタリア、南アフリカが立候補しているが(イングランドは一五年開催のみに立候補)、有力視されているのは一五年がイングランド、一九年が日本だ。

カテゴリ: スポーツ
フォーサイト最新記事のお知らせを
受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
ドコモ・auの方限定キャリア決済利用でForesightが今だけ3ヶ月無料!
執筆者プロフィール
生島淳 1967年生れ。広告代理店勤務を経て93年よりライターとして活躍。著書に『大国アメリカはスポーツ  
クローズアップ
サイトトップへ