日本人のフロンティア
日本人のフロンティア(12)

南スーダンの国民スポーツ大会

執筆者:北岡伸一 2018年3月9日
エリア: アフリカ 日本
第1回全国スポーツ大会(NUD・2016年1月)で健闘をたたえ合う選手(JICA提供、以下同)
 

 

 南スーダンはスーダンから分かれて2011年7月に独立した、世界でもっとも若い独立国である。

 

 スーダンは、北部はイスラム教の遊牧民が中心で、南部はキリスト教と土着の宗教がまじりあい、農民が多い。北はむしろエジプトに近く、南はウガンダに近いが、1つの国として1955年に独立した。しかし石油資源をめぐる争いもあって、実に40年にわたって内戦が続いてきた(それ以外に、北部の中のダルフールでも同様の理由による紛争があったが、今回は触れない)。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
北岡伸一 東京大学名誉教授。1948年、奈良県生まれ。東京大学法学部、同大学院法学政治学研究科博士課程修了(法学博士)。立教大学教授、東京大学教授、国連代表部次席代表、国際大学学長等を経て、2015年より国際協力機構(JICA)理事長。著書に『清沢洌―日米関係への洞察』(サントリー学芸賞受賞)、『日米関係のリアリズム』(読売論壇賞受賞)、『自民党―政権党の38年』(吉野作造賞受賞)、『独立自尊―福沢諭吉の挑戦』、『国連の政治力学―日本はどこにいるのか』、『外交的思考』など。
クローズアップ
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top