やっぱり残るは食欲
やっぱり残るは食欲 (24)

オートミールで朝食を

執筆者:阿川佐和子 2019年10月13日
タグ: 台湾
エリア: 日本
「オートミールね。長らく食べてないけれど……」

 

 8年ぶりに健康診断を受けた。

 私のように組織に属していない人間は、誰からも「受けろ!」と迫られないので、ついサボる傾向にある。自治体から「健康診断のお知らせ」という冊子が届くたび、「そうかあ、受けなきゃねえ」としばし感慨に耽ってはみるものの、それっきり。忙しさにかまけ、あっという間に機を逸してしまう。これで、切迫した体調不良や身体的不安が自覚症状として生じれば、「よし、検査してもらおう」と勢いがつくというものだが、幸いなことに、慢性的腰痛、ときどき食べすぎ飲みすぎ、たまの風邪症状を覚える程度で、喉元過ぎればなんとやら。また日常へ戻ってしまう有様だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
阿川佐和子 1953年東京生まれ。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。『ああ言えばこう食う』(集英社、檀ふみとの共著)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』(小学館)で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』(新潮社)で島清恋愛文学賞を受賞。他に『うからはらから』(新潮社)、『正義のセ』(KADOKAWA)、『聞く力』(文藝春秋)など。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top