「モザイク国家」ウクライナ「劇変」の深層

執筆者:国末憲人2014年2月25日
 失脚したヤヌコビッチ大統領だが、いまだに ”仰天シナリオ説”もくすぶっている (C)AFP=時事
失脚したヤヌコビッチ大統領だが、いまだに ”仰天シナリオ説”もくすぶっている (C)AFP=時事

 ウクライナ情勢は、予想を大きく上回る速度で展開した。首都キエフ中心部を占拠したデモ隊と治安部隊との衝突で多数の犠牲者が出たのが2月18日から20日にかけてである。その翌日には野党勢力が実権を握り、大統領のビクトル・ヤヌコビッチは逃亡。22日には獄中にあった野党指導者ユリア・ティモシェンコが釈放されてキエフに戻り、群衆に迎えられた。ヤヌコビッチは自らの支持者からも見捨てられ、失脚が確実だ。群衆が求めた「革命」の勝敗は決したかに見える。

 ただ、これですべてが終わるわけではない。筆者は偶然、20日からウクライナに隣接する非承認国家「沿ドニエストル」の首都ティラスポリに滞在している。ここで受信できるウクライナとロシアのテレビニュース、キエフへの電話で聴いた状況、ウクライナと密接な関係を持つ当地の政府関係者からの情報などを総合する限り、事態の収拾にはほど遠いようだ。むしろ、ウクライナのモザイク国家としての性格が浮き彫りになり、一連の混乱がパンドラの箱を開けた面さえ感じられる。

 

飛び交う「噂話」と「陰謀史観」

 多くのウクライナ市民の目に、少なくとも2月17日まで、混乱はヤヌコビッチ政権の枠組み内で沈静化の方向に進んでいるように見えただろう。昨年11月末以来続く街頭運動は、すでに報告した通り(1月29日付「ウクライナ『流血デモ』は『オレンジ革命』と何が違ったか」)、1月22日に流血の事態となった後、政権側がある程度妥協を示し、デモ側も参加者の訴追を避けるよう求めるなど、生ぬるい雰囲気が支配するようになった。ウクライナ語で「マイダン」(広場)と呼ばれるデモの拠点、キエフ中心部の独立広場でも、2月半ば頃になると結集する人の数が目に見えて減っていた。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。