牡蠣ニモ負ケズ

執筆者:阿川佐和子2020年3月21日
「牡蠣は七転八倒し、そして七転び八起きするだけの価値がある」

 

 最近、気に入っているオイスターバーがある。といってもまだ数回しか行っていないが、カウンターとテーブル席いくつかの小さな店である。その店の名物は「毎日、空輸で届く広島の新鮮な牡蠣」。オイスターバーだから当然かもしれないが、これがおいしく、なおかつ楽しい。氷を張った銀の大皿に、「かき小町」とか「先端」とか「大黒神島(おおくろかみじま)」とか名札のついた、それぞれに大きさもかたちも違う生牡蠣が並べられ、それを1つずつ小皿に取って、そのまま、あるいはレモンをかけて、はたまた特製ビネガーを垂らし、ギンギンに冷えたシャンパンか白ワインとともに、いただく。

 「うーん、どれがいちばん好きだった?」

 「そうだなあ。私は『先端』」

 「『大黒神島』もおいしい」

 「そうねえ。甲乙つけ難し!」

 同伴者と語り合いつつ味わう……と、これもオイスターバーだから当然か。

 そもそも私はオイスターバーと銘打った店に今までさほど馴染みがなかった。いつの頃からかオイスターバーなる店をところどころで見かけるようになり、一瞬、興味をそそられるのだが、「牡蠣か……」と逡巡し、結局、足を踏み入れないまま、今に至っていた。

記事全文を印刷するには、会員登録が必要になります。